お知らせ

2017.06.02

花嫁小物ってご存知ですか?

66af9e1d 584e 4edc b9db ccb6197bf74e
こんにちは。
CUCURUです。


自分らしく、和装を愉しむための和装小物。
CUCURUでは、おひとりおひとりの個性を生かしたコーディネートをご提案できるよう
たくさんのお色をご用意してご案内させていただいております。

この和装小物それぞれに、ひとつひとつ想いが込められているという事をご存知でしたか?





【懐剣:かいけん】
帯に挿した房の飾りがついた小物を「懐剣」といいます。
その昔、武家に生まれた女性は、護身用に短刀を所持しており、
その習慣が女性のたしなみに近いものとなり、
婚礼の際の嫁入り道具のひとつとなったという由来があります。


【筥迫:はこせこ】
胸元の合わせに差し込まれる、四角い小物で、現代で言う化粧ポーチです。
もともとは江戸時代、武家の婦人が用いた懐紙やお香などを入れる和風の小物入れだったそうで、
実際に使う嫁入り道具のひとつでもありました。
今では素敵なお色の筥迫や刺繍が施されたものなど、たくさんの種類があります。


【末広:すえひろ】
ご婚礼用の扇子のことを末広といいます。
先に向かって広がっていく形状から「将来に幸あれ、福来れ」との願いを込めて
『末広:すえひろ』と名づけられているそうです。

その他にも、帯の上に締める【帯締め】は見た目のアクセントになったり、
引振袖をお召しの際に、帯の下部に添えて締める装飾用の細い帯【抱え帯】など、
和装小物には由来や歴史、想いが込められています。

日本の花嫁衣装をお召しいただき、日本人が大切にしてきた想いに触れながら、
伝統的な花嫁さまになってもらえると嬉しいです。

 
  • Icon list 4d42c28b31a8e2bcae68003ccf3d2d6bc1a402458e35a542bfdfd45fa43eeea6