CUCURU

CUCURU

NEWSお知らせ

手間ひまかけられた技法のお話

こんにちは
CUCURUです。

朝夕はめっきり涼しく過ごしやすくなりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は見れば見るほど美しい職人さんの手仕事
手間ひまかかる伝統技法をご紹介。

今回は、『臈纈染め』(ろうけつぞめ)という刺繍の技法についてのお話です。

臈纈染めとは、ろうを溶かして生地にしみ込ませることで、
その部分を防染(染まらないようにする)し、柄を描いた部分を染めずに、
周りの部分だけを染めるという技法です。

しみ込ませた蝋が固まり、ひび割れることで独特な染め上がりとなります。

蝋を使用することで出来る、ひび割れなどの独特な効果で
あたたかみがでるのが特徴です。

CUCURUのお着物にも、臈纈染めを施したお着物があります。
白地のお着物に灰色で染められた雲取り文様のところに、臈纈染めが用いられています。

手間ひまのかかる職人さんの手仕事。
丁寧な仕事があってこその花嫁和装の美しさ。

そんな職人さんの見えない努力の結晶が集まって、一枚のお着物が仕立て上がります。

花嫁着物の奥深さ。知れば知るほど美しい。
守らなければならない、日本の伝統です。

減りゆく職人さんの伝統技法を守っていくこと、
花嫁さまに美しい伝統技法を届けること。
それがCUCURUの役目だと思っております。

お着物を選ぶ際には、職人さんの丹精込めて作られた
技法にも注目しながらお着物を選んでみてくださいね。