お知らせ

2017.08.31

手間ひまかけられた刺繍の技法のお話

Ab68d1bb 1cd2 44c6 8295 b087d8b832f5
こんにちは
CUCURUです。


さて本日は、見れば見るほど美しい刺繍の世界
職人さんが手間ひま掛けた伝統技術をご紹介いたします。


今回は、『金駒刺繍』という刺繍の技術についてのお話です。



『金駒刺繍』とは、刺繍針に通せない太い糸や、
金糸などを、木製の駒(糸巻きの一種)に巻いて
それを転がしながら刺繍糸を下絵に沿ってはわせ、綴糸(とじいと)で留めていく技術です。

中でも金糸を使ったものを『金駒刺繍』と呼びます。
刺し終わった後、上から鹿革でなめして金糸をピタッと生地に密着させることにで、金糸の風合いが一層増しています。


その金駒刺繍の立体感により、お着物に華やかさと豪華さが引き立ちます。

このなんとも時間のかかる職人さんの手仕事。




その丁寧な手仕事があってこその花嫁和装の美しさなのです。
そんな職人さんの高い技術や、見えない努力があってこそ
花嫁さまに美しいお着物を届けられるのです。

職人さんの伝統技術を守っていくこと、花嫁さまに美しい伝統技術を届けること。
それがCUCURUの役目だと思っております。

お着物を選ぶ際には、ぜひ刺繍の違いについても注目してみてくださいね。
  • Icon list 4d42c28b31a8e2bcae68003ccf3d2d6bc1a402458e35a542bfdfd45fa43eeea6