お知らせ

2017.10.10

綿帽子の由来と魅力

2c9e323a a576 49a1 8e36 8d2b0c9870a8
こんにちは。
CUCURUです。

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。


さて、本日は綿帽子の由来と魅力についてお話させていただきます。
皆さまは、『綿帽子』をご存知ですか?

花嫁さまから、
言葉は聞いたことあるけど、実際どんなものか分からない・・
と言ったお声を多くお伺いします。

そこで、綿帽子についてや、綿帽子の由来や魅力についてご紹介していきます。

綿帽子とは、文金高島田を結った頭の上に
額まですっぽりと覆いかぶせる布で、白無垢に合わせることができるものです。

室町時代後期以降、
女性が外出する際の埃除けや防寒具として用いられていましたが、
現代になり婚礼にも用いられるようになりました。

綿帽子には挙式が終わるまで、
花嫁は新郎以外の人には顔を見られないようにという意味が込められ、
初々しさや奥ゆかしさの象徴となっています。


 

綿帽子は、白というイメージが強い方も多いのですが
真っ白な綿帽子だけでないのです!

CUCURUでは、神社やお寺にも映える真っ赤な赤帽子や
柔らかい印象にされたい花嫁さまにおすすめ、
ほんのり桜色のラインが入ったものもご用意しております。





お好みの印象にあわせて、綿帽子までこだわってみてくださいね。


挙式の際の白無垢にしかお召しいただけない綿帽子。
ぜひ、気になる方はご来店の際にスタッフにお伝えくださいませ。
  • Icon list 4d42c28b31a8e2bcae68003ccf3d2d6bc1a402458e35a542bfdfd45fa43eeea6