お知らせ

2017.12.13

日本の色について

E2c5502c 24d2 4ad2 9815 f8a0a478cde2
こんにちは。
CUCURUです。


さて、本日は「色の世界」についてお話します。


日本の色には、私たちが知らない色の名前が無数にあります。


例えば、一言で言えば"水色"ですが、
「浅葱色」「白藍」「空色」「天色」など、
濃い水色、薄い水色、黄みがかった水色、青みがかった水色と
色の濃さや色味の違いは、数え切れないほどです。

そんな多くの日本の色の中から
CUCURUでは、小物や掛下の色を決めるとき
花嫁さまのお顔映りがよく見える色
お着物との馴染みがいい色にこだわって色を選びます。

同じ色に染めるというのは、とっても難しく
染めるときの湿度や染める釜が違えば、色は異なってしまいます。

職人さんのこれまで培ってきた素晴らしい伝統技術によって
私たちが理想とする色をつくりあげてくれるのです。


CUCURUに揃う、掛下や小物、お草履は
コーディネーターが日々花嫁さまとの時間のなかで
こんな色の小物があったらいいな・・と感じたものを
職人さんの丁寧な伝統技術によって
つくりあげているものばかりです。


そんな想いのこもった和装小物などは
CUCURUに一歩足を踏み入れると、
壁一面に広がる着物棚から「日本の色の世界」を愉しんでいただけます。

ぜひ、CUCURUへいらした際には
絶妙な色の違いを感じてみてくださいね。
  • Icon list 4d42c28b31a8e2bcae68003ccf3d2d6bc1a402458e35a542bfdfd45fa43eeea6