お知らせ

2016.08.17

新作コーディネート

50f754e6 cd1f 4745 935a d213d1a5c86d
こんにちは。
CUCURUです。

本日は黒い引振袖のコーディネートをご紹介いたします。



裾から彩り豊かな手刺繍が広がる【黒地手刺繍吉祥文】という引振袖です。
今はもうここまで技術の高い職人さんが少なくなってしまっている総手刺繍の引振袖は
花嫁様を通して次の時代に繋げていきたい貴重なお着物です。

黒によく映える鮮やかな小物は、全体の印象をぐんと明るく引き立ててくれます。
対照的に、帯周りの小物は優しく、淡い印象でまとめることで
お着物の刺繍の色をより鮮やかに演出しています。






引振袖の特徴は何と言っても華やかな後姿の帯ですが、
今回注目していただきたいのは、帯を支えているこの抹茶色の抱え帯です。

通常、色打掛や白無垢の場合でも抱え帯は使用するのですが、
お客様の前では常にお着物を羽織られていらっしゃいますので
抱え帯を見ていただく機会はありません。

ただ、引振袖の場合ですと、帯を固定していただく抱え帯が一周ぐるりと見えてきますので、
色遊びのアイテムがまたひとつ、増えてまいります。
このお写真のように、帯の下でリボンのように固定する抱え帯を見ていただけるのは
引振袖をお召しになられた時だけですので、
是非引き振り袖をご検討されていらっしゃる方は、抱え帯まで色を楽しんで選んでいただけたらと思います。


何か花嫁様のお衣装や和装でのお式に関しましてご不明な点やご不安などございましたら、
お気軽にご連絡くださいね。
  • Icon list 4d42c28b31a8e2bcae68003ccf3d2d6bc1a402458e35a542bfdfd45fa43eeea6