NEWSお知らせ

2018.03.30

【掲載情報】『装苑』2018年4・5月合併号

5551d8e9 d52a 48c3 b5ee 3283a30d9817

こんにちは。
CUCURUです。

桜も満開を迎え、風に舞う桜吹雪が美しい時期となりましたがみなさまいかがおすごしでしょうか。
年度末でお忙しい方も多いと思いますが、是非春の陽気をお愉しみくださいね。

さて本日は、CUCURUのお衣裳の掲載情報のご案内です。

3月28日に発売の「装苑」2018年4・5合併号にCUCURU提供のお衣裳が掲載されました。


「装苑」 HPコラムより)
 

山戸結希 女の子が女の子を愛するということ
映画『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』の山戸結希監督が、ビジュアル監督を行ない、オリジナルストーリーを寄稿した「女の子が女の子を愛するということ」。恋愛よりもまばゆい、女の子同士の友情の蜜月とそれが失われゆくさまを、慈愛に満ちた筆致で描いています。女の子と男の子の別れの詞は世界に溢れている。けれど、女の子と女の子の別れの詞とはーー? 2つの年代の姿でそれを伝え、10代パートを『ちはやふる -結び-』など多くの作品で存在感を示す優希美青、『ミスミソウ』主演で注目を浴びる山田杏奈が演じ、20代パートを『SUNNY 強い気持ち・強い愛』をはじめ話題作への出演が続く池田エライザと、ファッションアイコンとして同世代の女性に人気の高い三村朱里が演じています。世界にたった一つの、真実の物語をご覧下さい。


提供したお衣裳は、Webレンタルでも好評の『光琳紅白梅図』の色打掛と『黒地手刺繍梅に鼓』の引き振袖。

今回のお衣裳提供に際し、装苑さんにお話をいただいてから、私たちもわくわくしながら協力をさせていただきました。
当日は、CUCURUのスタッフも見学させていただいたのですが、しっかりと作り込まれた撮影の世界観に感銘を受け、私たちもお着物のすばらしさをより多様な形でお伝えしていければと感じました。

女の子が女の子を愛するということ、その切なさとやるせなさ、そして想いの力強さを同時に感じられるとっても素敵なページに仕上がっているので
みなさまも是非お手にとってみてくださいね。

「装苑」2018年4・5月合併号の詳細はこちら