NEWSお知らせ

2019.08.02

お着物の文様

6825e498 d81f 40c3 af81 5bde2e1bbd5b

こんにちは。
CUCURUです。

猛暑日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、お着物の文様についてのお話です。

贈り物やご祝儀袋に添えられている飾りである「熨斗」を皆さまご存知かと思います。
実は、この「熨斗」がお着物の文様になっていることはご存知でしょうか。





こちらはCUCURUのお着物の熨斗文です。

もともと熨斗は、鮑の肉を薄く長くはいで引き伸ばし、乾かしたものであり
ご祝儀の贈り物や飾りとした「熨斗鮑」がはじまりといわれております。

この熨斗鮑を細長いリボン状に文様化したものが熨斗文。

色、柄とりどりの熨斗が束になっている熨斗文は、
おめでたい、華やか、高級を表す吉祥文様として広く愛されており
リボンが結ばれた絵様は
人と人とが ” 結び合う ” 結婚という儀式にふさわしい結びの文様とも言えます。

また、「幸せを周りの人たちと分かち合う」という意味も込められている " 幸せの証 " でもあるのです。





熨斗文は、細長い曲線が多用され、スマートな美しい女性らしさを表現することができる文様ですね。

身近に目にする熨斗ですが、お着物の文様となるその由縁を知ると、お着物の見え方も変わってくるのではないでしょうか。

CUCURUでは、花嫁さまに お着物の見た目の美しさだけでなく、文様に込められた意味を知り、心から豊かにお着物を着こなしていただきたいと思っております。
ぜひ、CUCURUでごゆっくりとお衣裳選びを楽しんでくださいね。